HOME>構造・セキュリティ>構造

構造|Structure

堅固さと快適性。そして将来も見据えた建物構造。

構造

  • アウトフレーム工法

    柱型を室外に出したアウトフレーム工法を採用。これによって、居室内のコーナーにすっきりと家具を置くことができ、開放的な住空間を演出されています。(一部住戸除く)

    アウトフレーム工法/概念図 アウトフレーム工法/概念図
  • 支持杭

    住棟基礎杭は、長さ約12m~約16mの杭を採用。建物を支え、万一の地震の際も耐久性のある、安心の基礎構造が追求されています。

    杭基礎/概念図 杭基礎/概念図
  • 溶接閉鎖型帯筋を採用

    継ぎ手部分を溶接した溶接閉鎖型帯筋を採用。フック状にした部分を引っかけるタイプの一般工法に比べ、地震に対する粘り強さが高められます。

    一般工法/概念図|溶接閉鎖型帯筋/概念図 一般工法/概念図
    溶接閉鎖型帯筋/概念図
  • 住宅性能評価

    住宅性能評価表示制度は、住宅の性能に関して、国土交通省が定めた基準に基づいて第三者が判定を行う制度で、ブリリア多摩センターでは「設計性能評価」、「建設性能評価」ともに取得済となっています。

    設計住宅性能評価書のマーク|建設住宅性能評価書のマーク
  • 断熱性能に優れた外壁

    外壁(廊下・バルコニーに面する壁)には、通常のコンクリートに比べて断熱性に優れたALC板が採用されています。(一部住戸除く)

    外壁/概念図 外壁/概念図
  • 隣接住戸の生活音を軽減する戸境壁

    戸境壁は、スラブ厚が約200mm~約220mm確保され、隣接する住戸の生活音などの伝わりが軽減されています。

    戸境壁/概念図 戸境壁/概念図
  • すっきり空間のボイドスラブ

    居室内に小梁が出ないボイドスラブを採用。家具のレイアウトもしやすく、さらに将来のリフォームにも便利な仕様です。
    ※住戸最下階スラブには、ボイドスラブは採用されていません。(一部住戸除く)

    従来の工法/概念図|ボイドスラブ工法/概念図 従来の工法/概念図ボイドスラブ工法/概念図  
  • 二重天井・二重床

    階下に伝わる生活音や振動を抑えるため、住戸内の床や天井は二重構造。床スラブ厚も充分に確保し、高い遮音性が実現しています。また床の下に配管を通すことで、将来のメンテナンスやリフォームへの対応力も高くなっています。

    二重天井/概念図 二重床/概念図(TES温水式床暖房部分、リビング・ダイニング)
    二重天井/概念図   二重床/概念図(TES温水式床暖房部分)
    (リビング・ダイニング)

※上記の内容は分譲当時のHP・パンフレットに記載されている内容を基に掲載しており、現状と異なる場合があります。